入部・合同稽古・見学の受付

​ 2019年4月1日

 弓道部の道場は、立命館大学柊野グラウンド内にあります。衣笠キャンパスから約5キロメートル程の距離です。日々の稽古に無理なく参加するためには、電動アシスト自転車、ないしは原付バイクの確保が先ず必要となります。

電動アシスト自転車・原付バイクは、下宿(自宅生通いの場合は円町、西院、三条京阪等のターミナル駅など)~大学~道場間の大切な足となります。電動アシスト自転車については、バッテリー容量ができるだけ大きいものをお奨めします。最低でも12Ah(アンペアアワー)以上ないとバッテリーが繰り返しの充電によってダメになったり不十分になったりすることが早いと思われるからです。男子はブリジストンのステップクルーズ等が初期投資はかかりますがその後のコストパフォーマンスは良いでしょう。女子についてもステップクルーズはお奨めですが、その他の車種であってもバッテリー容量に重点をおいて選びましょう。

http://www.bscycle.co.jp/assist/lineup/stepcruz.html

 しかし、2019年度から、BKCやOICから通う学生のために、京都市内の交通至便なところに稽古場を確保することができました。衣笠キャンパスの学生でもしばらく上記の交通手段が確保できない場合は、こちらの稽古場を使ってクラブ活動を継続することが可能です。市内の一般道場よりも、通いやすい場所にあります。弓道部の入部希望者は平日はどちらかの道場を拠点に活動できます。

 京都市内は上り坂も多くあり、柊野グラウンドも丘陵になっていますので、坂をほとんど筋力を使わずに上ることができる電動アシスト自転車の確保は特に下宿生にとっては重要で、これ一つあれば気軽にどこへでもお安く楽に行動できるでしょう。原付バイクは免許取得が必要となりますが、電動アシスト自転車より早く行動できるメリットがあります。

 弓道部では入学が決まり、部に入りたい生徒さんからの連絡、たとえば下宿はどのあたりが良いか、入部の時期はいつぐらいがよいかなど相談も受け付けています。

 また、9月~11月のリーグ戦期間中や12月~2月等の大変寒い時期を除き試合等のスケジュールに支障がない限り、土曜日やその他の曜日にて、希望する高校生が大学生と混じり稽古する合同稽古や見学について積極的に受け付けています。 全国大会出場経験があったり、国体少年男女の都道府県代表経験のある高校生が、本大学のスポーツ特別選抜入試受験に関する相談希望がある場合も受け付けています。

入部や見学等のお問合せは以下のフォームで伺います。↓ 体育会弓道部広報担当

ありがとうございます!メッセージを送信しました。